M570tの評価レビュー Logicool Wireless Trackball M570t

公開日: 2014年07月06日
最終更新日: 2014年09月28日

M570t

トラックボールタイプのマウス、Logicool Wireless Trackball M570t(ロジクール ワイヤレストラックボール M570t)の購入レビューです。使ってみた感想、性能、外観レビューなど。一時的に作業効率が落ちる可能性はありますが、基本的には良い商品だと思います。

もくじ

はじめに – M570tの評価レビュー

ロジクールのトラックボールタイプのマウスを買ってみました。

Logicool Wireless Trackball M570t(ロジクール ワイヤレストラックボール M570t)っていうマウスです。

なぜ買ったかというと、ずっと前からトラックボールタイプのマウスってどうなんだろう?って気になっていたのもあるのですが、9割方は衝動買いみたいな感じです。

かなり長時間ぶっ続けで仕事をしていたら、右手の小指が使い物にならないくらい痛くなったんですよね。

Ctrlキーの押しすぎで左手の小指が痛くなることはまぁまぁありますが、右手の小指が痛くなるのは自分でも珍しい気がします。

マウスを使用した微調整の連続で、無意識のうちにホールドの役目を果たしている小指に負担がかかっていたのかもしれません。

また小指は今回が初めてですが、右手首が痛くなったことは何回もありました。

っていうことで、トラックボールタイプのマウスであれば、小指や手首などの負担が改善されるかもしれない!という感じで買いました。

Logicool Wireless Trackball M570tの主なスペック
スペック内容
タイプ トラックボール
接続 ワイヤレス
ボタン数 5
インターフェース USB
使用電池 単三乾電池(1本)
サイズ 45x95x145mm(幅x高さx奥行)
重量 142g

箱を開けて見る

段ボール箱を開けて見ると、こんな感じで入ってました。
外箱

さらに開封してみると、以下の商品が入っていました(部屋が暗い…)。
M570t

左から順番に、Wireless Trackball M570tの本体、取扱説明書、保証書、USBレシーバーですね。

マウス本体の画像をもう少し。
M570t

カード(一般のキャッシュカードや免許証と同じサイズ)との大きさ比較。
M570tとカード

3年くらい使い倒しているバッファロー「BSMLW06」との大きさ比較。
M570t

第一印象として、少し大きいなぁと感じました。

男性であれば問題ないと思いますが、手の小さな女性だと少し扱いにくいかもしれません。

M570tを使ってみた感想

初めてのトラックボールということもあり、かなり使いにくいです…。

が、この記事を使うにあたってこのマウスを使ってみているのですが、徐々に慣れてきます。

早い人なら数時間、遅い人でも数日程度使えば、すぐ慣れそうですね。

感想としては、手首や指などにとても優しいという感じがします。かなりリラックスして使用できますし、あまり疲れそうにありません。

ボタンやスクロールなども特に問題ありません。

個人的な最大のメリットは、マウスパッドの上じゃなくても使えることでしょうか。

私は普段、仕事中は椅子のリクライニングをロックしているのですが、ゆったりと動画を見たりテレビを見たりする時には、リクライニングのロックを解除してだら~んと背もたれによっかかって視聴します。

その際、このマウスであればお腹とか足とかに置いたまま操作ができます。

私の場合、腕を肘置きに置くと手のひらが丁度太ももあたりに来るのですが、そこでマウスを持ったままにしておけば、体を起こす必要もなければ手をマウスパッドのところまで移動させる必要もなく、とても楽ちんです。

ただ1つ注意点も。これはおそらく私の感覚がおかしいのかもしれませんが、普通のレーザーマウスなどのような使い方もできるものだと勘違いしておりました。

トラックボールで移動させることも出来るし、マウス自体を動かすことでも移動させられると思っていたのです。

価格.comのレビューなどを見ていてもこのような勘違いをしていた方はいらっしゃらないようなので、ごくごく少数の方しかこのような勘違いをしてしまう人はいないかもしれませんが、現にここに1人存在していますので、ご注意ください…。

他の方の意見等も見てみると、慣れたら微調整など含め普通のマウスよりも使いやすい(逆の意見もあり)とのことで、全体的にパフォーマンスは上がりそうです。

私は、バリバリ仕事をしたい時は今までのマウスを使い、ちょっとのんびりやる時は今回買ったM570tを使うっていう感じで、徐々に慣れていこうと思います。

※一定レベルまではすぐに慣れるのですが、普通のマウスと同じパフォーマンスでの作業にまで成長するには、少し時間がかかりそうです。

ということで、そこそこオススメですが、一時的に作業効率が落ちる可能性は高いので、その点は念頭に置いておいた方が良いかもしれません。

ちなみに、似たような商品でM570という商品がありますが、これの後継品がM570tというだけで、この2つに変わりはないようです。

なぜか7月6日時点でM570の方が値段が高くなっていて、そっちの方が機能が良いのかもと思って調べてみたのですが、特にそういうわけではありません。購入するなら、M570tを選んだ方が良いと思います。

9/28追記-マウスを買い替えました

このたび、改めてマウスをLogicoolのM950tという商品に買い替えました。

トラックボールマウスのM570tも良い商品だとは思うのですが、私の場合、少し親指が痛くなるという現象に襲われました。

私はほとんど休日なしで毎日10時間以上(長い時は20時間くらい)仕事をしているので、親指を酷使しすぎなのかもしれません。

M570tはとても多くの人が使用しており、親指が痛くなったというレビューは今のところ見たことありませんので、私が特殊なのだとは思いますが…。

で、買い替えたM950tという商品なのですが、これが私の人生史上で最も良いマウスという、最高の商品に出会うことが出来ましたΣ(・ω・ノ)ノ!

トラックボールマウスを買ってみたものの合わないな~っていう方には、おすすめです。

レビューはこちら(M950tの評価レビュー Logicool Performance Mouse M950t

\(^o^)/ ぼっけぇシェア \(^o^)/

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む