賢威でGoogle Analyticsの設定をする

公開日: 2014年02月14日
最終更新日: 2014年06月09日

Google Analytics

賢威にGoogle Analyticsを導入する方法をご紹介します。Wordpressの場合は、head部分にトラッキングコードを貼り付けるのではなく、PHPファイルを作成して関数を使って呼び出す方法が正しいとのことで、そのやり方を初めて導入してみました。

もくじ

はじめに

inosh blogはまだGoogleへのインデックスを許可しておらず、さらにGoogle Analyticsの導入も済んでいなかったため、賢威のカスタマイズも一端は終了したことだしコード挿入しておこ~と思ったら、Google Analyticsの管理画面デザインが一新されていました。

ということで、ついでなのでGoogle Analyticsの導入手順も記事にしておきたいと思います。

Google Analyticsの新規アカウント作成

まずはGoogle Analyticsにログインし、「アナリティクス設定」をクリックします。
Google Analyticsの管理画面

そして、アカウントをまだ作成していない方はアカウント部分をクリックし、ドロップダウンで出てきたところにある「新しいアカウントを作成」をクリックします。
新しいアカウントを作成

「ユニバーサルアナリティクス BETA」と「標準のアナリティクス」が選べるようになっていますが、これはユニバーサルアナリティクス BETAで良いと思います。

アカウント名・ウェブサイト名・ウェブサイトのURL・業種・レポートのタイムゾーンなどを適宜入力・選択していきます。「データ共有設定」は任意で。(よく分からなければ、デフォルトのままで問題ありません)

内容に間違いが無ければ「トラッキングIDを取得」をクリックします。
新しいアカウントの項目入力

すると以下のような画面が出ますので、左上の国を選ぶ欄から日本を選び、できれば全部に目を通して(できなければ目を通さずに)から「同意する」をクリックします。
Google アナリティクス利用規約

アカウントの作成が完了し、トラッキングIDやトラッキングコードが表示されました。赤い枠内のトラッキングコードが、アクセス解析に使われるコードです。
トラッキングコード

がしかし、inosh blogの場合は既に「inosh」というアカウントを過去に作っておりますので、1つは削除しますw
inoshアカウントが2つ出来てしまった

Google Analyticsのアカウントを削除する方法

よく考えたらGoogle Analyticsのアカウントを削除するのは初めてで、削除方法が分かりませんでした^^;

なので、もしかすると私と同じような誰かの役に立つ可能性が0.01%くらいはあるかもしれないということで、アカウントの削除方法も続けて説明しておきたいと思います。

まずは、「アナリティクス設定」をクリックします。
Google Analyticsの管理画面

そして、削除したいアカウントが選択されていることを確認し、「アカウント設定」をクリックすると、アナリティクスアカウント設定の画面が出てきますので、右下にコッソリとある「このアカウントを削除する」をクリックします。
アナリティクスアカウント設定

本当にいいの?と最終確認を求められますので、本当に良かったら「アカウントを削除」をクリックしましょう。
アナリティクスアカウントを削除

これで、アカウント削除完了です。

ちなみに、なぜ既に「inosh」という名称のアカウントがあるかというと、当ブログ(inosh blog)を作成したのは2014年1月末ですが、2013年の夏ころからinosh.jpのサブドメインで違うブログを運営しているからなんです。

実は、inosh.jpのドメインを取得して、かれこれ1年以上も経っていますw

年間3,000円とドメインの中では比較的割高な.jpドメインを契約したにも関わらず、6ヶ月放置したあげくゴミブログを作り、さらに6ヶ月経ったところでようやくinosh blogを作成したのです( ̄▽ ̄)

3,000円、ドブに捨てたようなものですねw

ということで、アカウント「inosh」を使って、以下で新規プロパティの作成方法を続いてご紹介したいと思います。

Google Analyticsの新規プロパティ作成

まずは、「アナリティクス設定」ページを開いた状態で、新規プロパティを作成したいアカウントが選択されていることを確認し、プロパティ部分をクリックしてドロップダウンで出てきたところにある「新しいプロパティを作成」をクリックします。
新しいプロパティを作成

あとは、上の方で紹介した手順とほぼ同じなので、そちらを参照ください。

トラッキングコードをPHPファイルに読み込ませる

以前までは、</head>タグの直前にトラッキングコードを直接ペタリと貼り付けていたのですが、「PHPの設定」という部分に気になることが書かれています。
PHPの設定

上のコードを使用して「analyticstracking.php」という名前のPHPファイルを作成し、各PHPテンプレートページに挿入します。続いて、各テンプレートページの最初の<body>タグの直後に次の行を追加します。
<?php include_once(“analyticstracking.php”) ?>

あれ、前からだったっけ?
とちょっと疑問に思いながら、ちょっとググってみました。

すると、Google Analyticsのコードの設置方法が間違っていた??(PHP用) – WEBとかのメモブログという記事を発見!

どうやら、WordpressなどPHPで構成されているWebサイトの場合は、トラッキングコードを「analyticstracking.php」という名前でPHPファイルとして保存し、<body>タグの直後に関数を使って読み込ませるのが正しい方法みたいです。

いや~、これは。

知 り ま せ ん で し た 。

前からなのか、それとも「ユニバーサルアナリティクス BETA」から新たにこの仕様になったのかは分かりませんが、おそらく前からこうなんだと思います。

が、WEBとかのメモブログさんでも書かれているように、Woredpressでトラッキングコードを直貼りしているWebサイトでも、今まで問題なく普通に解析できていましたので、アクセス解析データ上に問題はないものと思われます。

でもこれが正しい設定方法なんだよ、と書かれている以上、それに従いたいところですので、今回は初めてこの方法でやってみたいと思います。

以下、WEBとかのメモブログさんから引用

■PHPの設定方法

「analyticstracking.php」を作成して、トラッキングコードを貼付けて保存します。

そして各ページのの下に「include_once()」の関数を使って読み込みます。

こんな感じです。
■index.php
</head>
<body>
<?php include_once(“analyticstracking.php”) ?>

だけど、この方法だとindex.phpとanalyticstracking.phpが同じディレクトリの位置にないと読み込めませんまたPHPマニュアルには「include_once()」は絶対パスで読む込むのが正しいとの事なので以下のようにしました。

</head>
<body>
<?php include_once($_SERVER['DOCUMENT_ROOT'].”/analyticstracking.php”) ?>

これでどこのディレクトリのファイルに保存してあるPHPファイルもこのコードをコピペするだけでトラッキングコードを読み込むことができました。

私の場合、すべてのPHPファイルが同じディレクトリにありますので、前者の方を参考にしました。

これです↓

</head>
<body>
<?php include_once(“analyticstracking.php”) ?>

PHPマニュアルでは「include_once()」は絶対パスで読む込むのが正しい、とのことですが、他の方のブログなどをちょこちょこ見てると上記コードで設置されているところが多いようなので、特に問題ないかな~と判断しました。

あとは、何となくGoogleの言うとおりにしておけば間違いないかな、という思いもありますw

私がインストールしている賢威の場合だと、header.phpにbodyタグがありますので、以下のようになります。

header.php

<body <?php if (isset($post->ID)) : body_class(getPageLayout($post->ID)); else: body_class(notFoundLayoutView()); endif; ?>>
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

これでアップロードして確認してみると、ちゃんとbodyタグの下にトラッキングコードが吐き出されました。

<body class="home blog logged-in col2">
<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-41954405-2', 'inosh.jp');
  ga('send', 'pageview');

</script>

これで、Google Analyticsの設置は完了です。

\(^o^)/ ぼっけぇシェア \(^o^)/

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む