クリック型広告ASP一覧とオススメ比較(Google AdSense以外)

公開日: 2014年11月15日
最終更新日: 2016年08月26日

電卓を持った女子

Google AdSense以外で、代わりになるオススメのクリック報酬型ASPの一覧や収益性の比較などを紹介します。一個人が特定のサイトにおける特定の掲載位置で検証したものです。各サイトによって収益性は変わりますので、あくまでも参考程度にてよろしくお願い致します。(2014年7月執筆)

もくじ

はじめに

Google AdSenseのアカウント剥奪されたんですー(´;ω;`)ブワッ

っていう方や、

ポリシーに触れそうな記事も扱うから他ASPの広告も使いたいですっ(`・ω・´)

っていうような方向けに、私が他のクリック型ASPを使ってみた感想や比較などをご紹介します。

私が運営するWebサイトやブログでの結果を元に集計していますので、各サイトにより、私とは全く異なる結果になる可能性も十分あります。

また時期による変動の影響もあるかもしれませんし、あくまでも当記事は”参考程度”にして下さい。

※2014年7月に執筆した記事です。

パソコンのクリック報酬型ASP一覧

PC – クリック型ASPランキング(inosh調べ)

  1. 忍者AdMax
  2. Fluct

1位…忍者AdMax(忍者アドマックス)

忍者AdMax

Google AdSenseの代わりとしては、第一候補と言っても良いかもしれません。

さすがにGoogle AdSenseには全くもって及びませんが、10%~30%くらいのCPM(RPM)にはなるのかなぁと思います。

Fluctは一応審査がありますが、忍者AdMaxは審査があって無いようなものなので、導入のハードルも低いです。

またFluctの場合は広告タグ発行まで結構な日数がかかってしまいますので、そういう意味でも忍者AdMaxは良いですね。

ただ、私の場合だとFluctよりも忍者AdMaxの方が収益性が高かったわけですが、他の人の情報だとFluctの方が収益性が高いという声も結構聞きますので、両方の広告を一定期間掲載して、収益性の良し悪しを比較してみることをオススメします。

ちなみに忍者AdMaxのデメリットとしては、広告が重いような気がします。

あとこれは重要なことなのですが、広告タグ発行後はしばらく自社広告(忍者AdMaxに登録しませんか~?的なやつ)しか表示されませんので、その場合は数時間~2日程度待ってみたら普通の広告が表示されると思います。

私は最初、コンテンツにマッチする広告が無いから自社広告ばかりが表示されるのかと思ってすぐに止めてしまいたい衝動に駆られたのですが、しばらく経つと色んな広告が表示されるようになりました。

広告数は普通に多いので、その点は安心して良いと思います。

あと、忍者AdMaxはクリック率が異常に低いことで有名なのですが、インプレッション広告(表示されるだけで収益が発生するタイプの広告)も取り扱っているので、そういった広告はクリックされてもクリック数としておそらく計算されないんですよね。

忍者AdMaxが不正をしているという意見も時々見かけますが、インプレッション広告が影響しているだけだと思います。

支払いに関しては、翌々月の10日前後です(たぶん)。

(たぶん)というのは、忍者AdMaxの場合は、掲載月の翌月の中旬ころに「忍者ポイント」として付与され、その後に手動で振り込み申請をしなければなりません。

現金以外にもPeXポイントとの交換も可能なのですが、例えば振り込み申請をした場合、私は1回しかしたことがないのですが翌月10日頃に振り込まれました。

例えば掲載月を5月と仮定すると、6月15日前後に忍者ポイント付与、すぐに振り込み申請、7月10日頃に振り込み、という流れでしょうか。

この辺りは少し面倒と言えば面倒かもしれません。

リンク:アフィリエイトに必須の無料収入最大化ツール|忍者AdMax

2位…Fluct(フラクト)

一応、忍者AdMaxよりも稼げている人が多くいるASPなので、一定期間掲載しておくべきだと思います。

微妙なメリットとして、収益に消費税がプラスされて振り込まれるので、何だか得した気分にもなっちゃいます。

こんな感じ↓

ただ、振り込みは掲載月の翌々月末なので、例えば5月掲載分は7月31日あたりに振り込まれます。ちょっと遅いですね。

私の場合、クレジットカードや家賃などの引き落としが毎月27日なのですが、Fluctの振り込みはそれにギリギリ間に合わないので、私と同じように支払いや引き落としが月末よりも何日か前に沢山まとまっているような人は、忍者AdMaxの方が少し楽な部分もあるかもしれません。

まぁでも1番重要なのは収益性なので、より稼げる方を優先的に使用した方が良いとは思いますが。。。

ちなみに私が感じた1番のデメリットとしては、申し込みおよび広告タグ発行までの期間が非常に長いことです。

仮申込み→広告の掲載位置の指定→サイトの審査→審査に受かれば規約への同意と正式な申込み→広告タグと管理画面のURLが届く→テスト表示→広告の実装開始、というような流れになっています。

私の場合、申し込みした日から広告が表示できるまで2週間近くかかりました。

リンク:広告収益最大化を実現する – SSP Fluct(フラクト)

スマホのクリック報酬型ASP一覧

スマホ – クリック型ASPランキング(inosh調べ)

  1. nend
  2. Fluct
  3. ADroute
  4. 忍者AdMax

1位…nend(ネンド)



nendは、スマホ広告専用のASPです。
スマホ専門ということもあって、広告の種類は非常に多い印象です。そのためか、クリック率も良いです。

クリック単価に関しては、最初は9円固定で、その後しばらくして変動するというちょっと変わったシステムになっています。

私がnendを導入している複数のサイトでは、ほとんど9円以下になることはありません。が、たまに8円台になっている日もあります。

信用度などによって上がっていく(良い人は20円オーバー)という噂を聞いていたのですが、私は導入したあと最初の9円から徐々に13円くらいまで上がって、「お?このまま20円オーバーいけるんじゃないか!?」と思ったのですが、そこから下がったり上がったりっていう感じで右肩上がりというわけにはいきませんでした。

結局、クリック単価は日によって多少の変動があって、平均的には9円~15円くらいとなっています。最高記録は18円くらい、最低記録は7.9円くらいでしょうか。

これがnendの最大のメリットと思っているのですが、nendはクリック単価に大きな変動がありません。

Google AdSense、Fluct、忍者AdMaxの全てにおいて言えることですが、クリック単価って日によって結構変わってきますよね。

それが無い分、nendは安定的な収益を上げることが出来ます。

レスポンシブデザインを導入するなどスマホ対応をしているWebサイトやブログであれば、必ず登録しておきたいASPです。

なお単価が下がった後に上がることもありますのでチューニング期間として1ヶ月間は掲載を続けたほうが良いかと思います。

リンク:スマートフォンアドネットワーク【nend】

2位…Fluct(フラクト)

Fluctは、パソコン用とは別の広告タグを発行しなければならないものの、スマホ用の広告も扱っています。

私の場合だとnendの方が収益性が高かったですが、Fluctもそこそこ良いです。広告の種類も豊富です。

nendも一応審査がありますので、もし落ちたらFluctかな~という感じですかね。

ただ、nendとFluctの差はそんなに大きくありませんので、サイトによってはFluctの方が良くなったりするかもしれません。

nendを1ヶ月掲載、Fluctを1ヶ月掲載、という感じで収益性を比較してみることをオススメします。

リンク:広告収益最大化を実現する – SSP Fluct(フラクト)

3位…ADroute(アドルート)

クリック率はnendよりも良いという驚きの数字を見せたのですが、クリック単価が2円~5円という破格?の数字でしたので、10日間くらい検証してすぐに止めてしまいました。

ただ、クリック率は本当に意味分からないくらい良かったので、一応登録・掲載してみた方が良いと思います。

サイトによってクリック単価は異なると思いますので、もしも私と同じくらいのクリック率でクリック単価が7円を超えるようであれば、nendよりも収益性が高くなるかもしれません。

なので、nendやFluctと比較だけでもしてみることをオススメします。

リンク:★表示率100%★スマホ広告

4位…忍者AdMax(忍者アドマックス)

スマホ広告の場合、正直あまり忍者AdMaxはオススメではないのですが、唯一のメリットとして、パソコン用の広告タグとスマホ用の広告タグが一緒でも良いという部分があります。

また、その広告タグでオーバーレイ広告も表示させることが出来ます。

広告タグのコード量も非常に少なくすっきり、見やすいですね。PHPでのスマホとパソコンの広告タグを別々に読み込ませるという分岐処理なども必要ありません。

ただ、収益性に関してはnendやFluct、ADrouteの方が良いと思います。それでも一応、可能であれば収益性の比較はしてみることをオススメします。

リンク:アフィリエイトに必須の無料収入最大化ツール|忍者AdMax

まるごと比較

以下に、今回取り上げたASPをまるごと比較してみます。

全ての数値は、あくまでも私が運営する特定のWebサイトにおける特定の期間・特定の1ヵ所の広告位置で集計したデータとなります。

掲載サイトと掲載位置は全て同じですが、どうしても掲載期間は前後してしまっています。

クリック単価などのデータは、サイトジャンルや広告の掲載位置の他に、掲載時期など多くの要素が絡んでくるものですので、あくまでも1つのデータとして参考程度にして下さい。

またPVも一定ではなく、ADrouteなど早期に掲載を止めたものもありますので、各ASP少ないものは10万PV~多いもので50万PVくらいの間で集計したデータとなっています。

ちなみに掲載位置は、パソコンは右サイドバーの上、スマホはコンテンツの中(比較的上の方。ファーストビューより少し下あたり)です。ついでなので、比較対象としてGoogle AdSenseのデータも掲載しておきます。

詳細データのまるごと比較(PC版)
ASP CTR CPC CPM
Google AdSense 0.21% ¥29 ¥62
忍者AdMax 0.188% ¥10 ¥16.8
Flulct 0.129% ¥8.2 ¥10.5
詳細データのまるごと比較(スマホ版)
ASP CTR CPC CPM
Google AdSense 0.68% ¥21 ¥143
nend 0.483% ¥9.6 ¥45.7
Fluct 0.393% ¥8.3 ¥31.9
ADroute 0.649% ¥3.2 ¥20.7
忍者AdMax 0.151% ¥10 ¥14.5

番外編

私が実際に実験してダメだと判断したもの、実験する必要すらないと判断したもの、また掲載する価値はあるけど癖がある(ハードルが高い)ものなど、番外編としてご紹介します。

※あくまで個人的な意見です。

微妙…楽天アフィリエイト

クリック報酬型のASPではないのですが、大体同じような感覚で設置・運営することが出来るので、一応加えておきます。

楽天モーションウィジェットを前提として進めます。

楽天アフィリエイト広告をクリックしたユーザーが楽天市場で買い物をすると1%の報酬を得られるというものですが、Cookieが30日間有効となっているため、クリックしてから30日以内に何かしらの商品を購入されれば、報酬となります。なお、クリックされた商品じゃない商品が買われても報酬となります。

なので、報酬は非常に発生しやすくなっています。

ただ、30日以内に別サイトの楽天アフィリエイト広告をクリックされると、そちらのサイトでの広告のCookieが上書きされるはずですので、必ずしも30日間有効というわけではありません。

楽天アフィリエイトは大した金額にはなりませんが、空きスペースがあるのであれば、1枠くらいは入れておいても良いかもしれないなーと思うくらいです。

ただ、購入した後のキャンセル率が異常に高いので、モヤモヤッとすることが多く、正直なところ納得のいっていないところも多いです。

特に、値段が高いものはそれを狙ったかのごとくキャンセル率が高いイメージです。

私もそうですが、ネットで購入したものをキャンセルすることって滅多にないと思うんですよね。もちろんあるのはありますけど。

ショップ側がケチってキャンセル扱いにしてるのか、楽天側に問題があるのか分かりませんが、ちょっと信じがたいキャンセル率なんですよね。

ただ、もしかすると私のサイトの楽天アフィリエイトのリンクをクリック→10日後に別サイトの楽天アフィリエイトのリンクをクリック→15日後に楽天市場で商品を購入、という流れになった場合、私のサイトに未確定情報として反映されてしまう可能性もあります。

ですが、実際には私のサイトじゃない別サイトの広告リンクをクリックしたのが最後なので、私のはキャンセル扱いになる、みたいな。妄想ですけど…。

ということで、結局モヤモヤは残るんですよね~。

ちなみに、2013年11月~2014年4月までの半年間の「成果」と「確定」の比較は以下の通りです。

2013/11~2014/4の報酬
成果 確定 キャンセル
2013/11 ¥5,805 ¥4,159 ¥1,646
2013/12 ¥5,492 ¥3,467 ¥2,025
2014/1 ¥5,600 ¥3,411 ¥2,189
2014/2 ¥5,693 ¥3,034 ¥2,659
2014/3 ¥10,086 ¥8,763 ¥1,323
2014/4 ¥9,662 ¥7,767 ¥1,895

まぁ私の場合は、PVが少なくて他ASPに申し込むのも面倒くさいけどGoogle AdSenseは怖くて貼れないというような微妙なサイトに楽天の広告を貼っているだけなので、見ての通り月に1万ポイントも稼いでいません。

使い道も、娯楽品の購入とかココイチの宅配を頼む時など、「自分へのご褒美」用に楽天ポイントとして使っているだけなので、そんな気にするほどのものではありません。

ただ、もしも成果ポイントが10万ポイントを超えるような場合に、キャンセルが2万ポイントとかってなると、凄く損した気分になりますよね。

それにもし現金に換金するとなると10%の手数料が必要ですので、ここからさらに減ってしまいます。あと、楽天の広告は重い気がします。

ちなみに私の場合、1クリックあたりの報酬に計算してみると2円~5円くらいですので、クリック単価(というのも変ですが)もそれほど良くないです。

個人的に感じている唯一のメリットは、クリック率です。楽天モーションウィジェットだとユーザーが楽天市場で閲覧したことのある商品など関連性の高いものが表示されるので、クリック率が他広告と比べて比較的高いのかな~と感じています。

何かダメ出しばかりしてしまいましたが、私も実際に一部のサイトでは使っていますので、状況に応じて使えるものではあると思います。

1つ意外だったのは、私はスマホでネットショップを利用したことがなく、楽天で買い物(というかネットショッピング全般)をする際にはパソコンからの購入の方が圧倒的に多いと思っていたのですが、レポートを見てみるとスマホからの購入の方が多かったです。

これは、大きな勘違いでした。参考までに。

リンク:【楽天アフィリエイト】日本最大級のアフィリエイトプログラム

論外…Amazonアソシエイト

楽天と同様で、クリック型ASPという訳ではないのですが、有名なので一応取り上げておきます

個人的に、何か特定の商品を紹介するといった場合を除き、Amazonアソシエイト(Amazonアフィリエイト)は使用する理由が見つかりません。

例えば何かをAmazonで購入してそれをレビューする時などは使いますが、不特定多数の商品が表示されるように設定してWebサイトに掲載し、買ってもらえたらラッキー的な方法はほとんど収益にならないと思います。

それなら、楽天モーションウィジェットの方が全然マシかな~、と私は思っています。

紹介率は楽天より良いものの、cookieが短いですしね。

リンク:Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!

良さげ…MicroAd AdFunnel(マイクロアド アドファンネル)

月間100万PVくらい以上のサイトという審査基準(詳細不明)があるようですが、おそらくそこそこ収益性が高いと思われるASPです。

出来ればランキング内に入れたかったのですが、私自身まだ利用していないので、データが取れていないので番外編に入れました。

何かMicroAdは新規での申し込みを受け付けていなかったと思っていたのですが、最近受け付けるようになったのか、前とは違うサービスに変わったのか、それとも私が申し込みが出来ることに気付けなかっただけなのか、よく分かりませんが今はとりあえず申し込めるようになっています。

使っている人からは、忍者AdMaxやFluctよりは収益性が高くなっているという声をよく聞きます。が、MicroAd AdFunnnelの方が低い方もいるようです。

まぁ月間100万PV以上のWebサイトやブログを運営している方は独自に色々とASPを知っていたり検証していたりすると思うので、説明不要ですかね。

リンク:メディア収益最大化SSP:MicroAd AdFunnelの概要 | マイクロアド

その他(興味ある方だけ試してください)

以下、まだ私が実際に利用していないものです。
そのうちまた試してみようと思っていますが、興味がある方は検証してみてください。

i-mobile(アイモバイル)。わりと有名です。

Kauli(カウリ)。これもわりと有名です。
Kauliで広告収益の最大化を

Geniee(ジーニー)。
知名度は分かりませんが、大手サイトでも使っているところをたまに見ます。
スマートフォンアプリの広告・マネタイズなら【Geniee SSP】

最後に

以上、inosh個人で調べた結果のクリック型ASPのオススメ比較でした。

繰り返しになりますが、同じASPでも各サイトによって収益性は全く異なります。

サイトによっては楽天アフィリエイトで半端ない収益を上げている場合もあるかもしれませんし、サイトによってはnendで半端なく収益が低い場合もあるかもしれません。

現に、私のように各ASPを比較している他ブログの記事を拝見しましたが、各ブログにより評価は様々です。

なので、非常に面倒ではありますが、結局は色んなASPを自分で使ってみて、検証してみるのが良いと思います。

またPVが増えてくるとお問い合わせフォーム経由で営業メールが届いたりするようになりますが、そういったものも余裕があれば1度試してみると良いと思います。

私が今メインで使用しているASP(おそらくクローズド)は、有名じゃない中小ASPですが、Google AdSenseには及ばないものの満足のいく収益が出ています。特定の枠に関してはGoogle AdSenseを超えてCPC平均50円~200円という凄い枠もあります。

そのような良いASPに出会える可能性もありますので、第一印象だけで決めたり人の証言だけで決めたりせず、実際に試してみた方が絶対に良いです。

私も最初は「忍者AdMaxはGooogle AdSenseの10分の1にもならない」という噂を信じていたのですが、実際に使用してみるとそこまで酷くありませんでしたし。

それでは皆さんも、色々と試してみてください(^o^)

\(^o^)/ ぼっけぇシェア \(^o^)/

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む