アーロンチェアを試座してきました(岡山県玉野市)

公開日: 2014年09月23日
最終更新日: 2015年05月14日

アーロンチェア

ハーマンミラー(Herman Miller)の多機能デスクチェア「アーロンチェア」を試座してきました。第三者のレビューのみを参考に購入するのは不安があったことから、ネットで調べたところ、岡山県玉野市宇野というところに展示品を置いてある店舗があるとのことで、お邪魔してきました。

アーロンチェアを試座しに岡山の玉野市へ行きました

アーロンチェア試座※1に行ってきました(^◇^)

アーロンチェアについては1年くらい前から狙っていたのですが、他に欲しいものが盛り沢山でしたし金額も高いということで、後回しにしていたんですよね。

そしてついに、欲しい物リストの上位を占めていたものを少しずつ揃えて、アーロンチェアの順番がやってきたわけです。

しかし15万円以上もする椅子を買って本当に後悔しないのか?という疑念をなくすため、ネット上でアーロンチェアのレビュー記事をひたすら読んでいたのですが、やっぱり自分の体で実際に体験したいと思ったのです。

私は大都会岡山に住んでますが、岡山県内でアーロンチェアの試座ができるところを調べたところ、玉野市というところに展示品が置いてあるというインテリアショップがありました。

遠いと言えば遠いですが、近いと言えば近い、微妙な距離。

行った家具屋さんは、岡山県玉野市宇野というところにある「サンライフ・ハナオカ」という店舗です。(株式会社サンライフハナオカ

※1…試座

「試座」という正式な言葉はおそらくないみたいですが、試験・試食・試飲・試着など、似た言葉が沢山ありますので、「試しに座る」ということから「試座」という造語が使われるようになったとみられているようです。

ネット上では頻繁に使われているようなので、今では一般に浸透しつつあるのかもしれません。試座の読み方も「しざ」で良いと思われます。(店員さんに聞いてみました)

いざ、アーロンチェアを求めサンライフ・ハナオカへ

目的地の店舗なのですが、大きな通りから少し中に入ったところだったため、最初気付かずに通りすぎてしまいました。

あ、過ぎちゃった…。
ということでUターンして、駐車場に車をとめ、いざ店内へ。

入り口は開きっぱなしで、何となく入りやすいオープンな印象を受けました。入ってみると、左の方から「いらっしゃいませ~」だったか「こんにちは~」だったか忘れましたが、店員さんの声が。

見てみると、美人なお姉さん2人が頭を下げてらっしゃって、こちらも頭を下げて「こんにちは~」的な返事を返し、店の奥の方へ進みました。

綺麗な感じの店内に、高級そうな家具が。それほど広くない小さな店舗でしたが、置かれている家具や雰囲気などから、何となく「高級家具店」という感じがしました。(家具専門店に入ったのが初めての経験なので、これが標準なのかもしれません)

少し緊張しつつも、オフィスチェアがどこに置いてあるか見渡しながら奥に進んでいくと、思ったより少なかったですがオフィスチェアが5つ~7つほど置いてあるのを発見。

その中に、さんざんネットで調べて見覚えのあるアーロンチェアが。

私がそこに到着したところ、最初に挨拶をされていたお姉さんのうちの1人の方が近づいてきて、声をかけてくださりました。

私は店員さんに「オフィスチェアを探しに来たんですけど、実際に座ってみたりしても大丈夫ですか?」的なことを聞いて、実際に座ってみることに。

おぉ!
やっぱり違う!

ちまたで聞いていた「宙に浮いている感じ」とまではいきませんが、アーロンチェアは本当に色々な微調整ができますので、自分に合わせて調整をすれば、「宙に浮いている感じ」に近づきそうな感触は確かにありました。

1年半くらい使っているニトリで買った椅子は8,000円くらい(12,000円だったかも)だったのですが、それと比べると全然違うというのはすぐに感じました。

その後、店員さんはシートの高さ調整・リクライニング調整・アームの調整・腰部分の調整・前傾チルトの調整についてなど、とても丁寧に説明してくださりました。

知性が感じられつつも接しやすい魅力的な女性で、近すぎず遠すぎない絶妙な距離感を保つ素晴らしい接客対応でした。

私も昔はパソコン関係のサービス業的な仕事をしていたことがありますので、やはり接客時の応対で顧客に与える印象は非常に重要だな~と感じつつ、アーロンチェアの色々な調整をしてもらったりして座り心地を確認。

中でも、前傾チルト設定は気に入りました。
アーロンチェアの前傾チルト設定

私は仕事内容にもよりますが、熱が入っている時は背もたれを使用しない(もしくは使用していても、気付けば前傾姿勢になっている)ことが多いので、これはいいな~と感じました。

アーロンチェアの他にも、並んで置かれていたミラ(ミュラかも)という、店員さんいわく「アーロンチェアの弟分みたいなもの」を試座してみたり、名前は忘れましたがアーロンチェアよりも値段が高いチェアなど、色々座ってみました。

どれも良かったですが、個人的にはやっぱりアーロンチェアかな~?という感じでした。

すると、店員さんも「やっぱり長時間座ってお仕事をされてる方は、最終的にはアーロンチェアにたどり着くんですよね~」と一言。

正直どれも座り心地は良かったので悩むところはあったのですが、こうして店員さんからもアーロンチェアを推されると、自分の判断に間違いがないような気がして、よりアーロンチェアに対する購買意欲が高まりました。

ぶっちゃけ、高い買い物で悩んでいる時(実際買いたくてたまらない、てかもう買う寸前)は、背中を押してもらいたいという部分もありますよね。

ちなみに、店員さんいわく、アニメ・ワンピースの作家さん(尾田栄一郎さん?)もアーロンチェアを愛用してるとか。これでまた背中を押されました(笑)

また、予算の問題で同時購入はあまり考えていなかったのですが、机の買い替えも検討していたので、ついでに机についてもカタログを見せてもらったりしました。

わざわざアーロンチェアを応接テーブルのところにコロコロ運んで下さり、アーロンチェアの座り心地を感じながら説明を受けれるようにしてもらえました。

やっぱり座り心地がいいです。

その後、説明を受けていると、別のお姉さんが冷たいお茶を運んで来てくださりました。別に大したことでもないのですが、こういう細やかなサービスって何か心地良いですね。

で、引き続きアーロンチェアについてやデスクについて色々聞いた後、料金についての話を出しました。

1番スタンダードなモデルのアーロンチェアだと、ネットの場合(Amazonなど)は大体税込み15万円でしたが、サンライフ・ハナオカさんでは税別16万4000円(税込み17万7120円)とのことでした。

そこで、単刀直入に「ネットだと15万円くらいで販売しているところが多いのですが、例えばネットで購入する場合と、こちら(サンライフ・ハナオカさん)で購入する場合とを比較した場合、こちらで購入するメリットなどはありますか?」と少しイジワル?かもしれない質問をしてみました。

すると、ちょっと上手く説明できないので省略しますが、嫌な表情も見せることなくメリット等(アフターフォローについてや実店舗であることのメリットなど)を説明してくださりました。

また、ハーマンミラーからの直送ということで良ければ少しはお値引きが出来るかもしれませんとのこと。

そこで、どのモデルを購入するかは決めていなかったのですが、例として1番スタンダードなモデルだとどれくらいの金額になるか尋ねてみました。

店員さんは「それでは少々お待ち下さい」と言って、競合がネット上で販売しているアーロンチェアの価格を調べるためなのか、上司にどれだけ値引きして良いか確認するためなのか、店の奥の方へ。

少しすると戻ってきて、スタンダードなモデル以外の場合も含め、値引き後の値段を提示されました。

万が一他のお客さんとの間で値引率に相違があるとあれなので具体的な値引き額は伏せておきますが、まぁやはりネット上での価格と同じ水準くらいまでのお値引きをしてくださりました。

接客が非常に良くて好印象でしたので、もうここで買っちゃおうかな~なんて思いつつ、最後の確認として「クレジットカードでの支払いは出来ますか?」と聞くと、「クレジットカード払いだと、ここまでのお値引きは出来ないんです…」とのこと(@_@;)

これも前職で味わっていますが、クレジットカード払いだと店側が手数料を取られてしまうので、当然といえば当然のことですよね~。

まぁ私が使っている楽天カードだとポイントが付いても1%なので大したことないのですが、振り込みだと手数料もかかりますので、得られるべきものが得られず失わなくて良いものが失われる感じがして、このお店で感じた唯一のマイナス点かもしれません。

そして、どのみちその場で購入を決めるつもりはありませんでしたので、「それでは検討してみまーす」という感じで、アンケートに答えたり名刺をいただいたりして店を後にしました。

店員さんは店の出入口まで見送りをして下さり、「ありがとうございました」と頭を下げて、こちらも礼を言って出入口のすぐ目の前にある駐車場へ。

車に乗り込んで、財布やいただいた資料などをサイドポケットにしまい、エンジンをかけてシートベルトをして、少しお店の出入口の方に視界を向けてみました。すると、店員さんはもういませんでした。

よく最後まで(車が敷地外に出るまで)見送りをして下さる店舗などがありますが、あれって何か緊張するというか、待たせてしまっている感じがしてすぐに出ないといけない感じがしますよね。

場合によってはナビを設定したりしたい場合もあれば、電話をかけたりして数分程度駐車場にとどまりたい場合もありますので、最後まで見送るなどそういう”無駄に徹底した接客”ではないところが、また1つ好感を持てました。

実際に試座させていただきましたし、ベスト接客賞をあげたいような気持ちの良い顧客対応で、また店員さんの貴重な時間を1時間以上取らせてしまいましたので、少しくらい高くついてもここで購入しちゃおっかな~と思いました。

が、スタンダードなアーロンチェア(グラファイトカラーベース?)ではなく、もう少し見た目がカッコイイ約20万円のアーロンチェア(ポリッシュドアルミニウムベース?)を買おうかなと悩んでいましたので、改めてネット上の正規代理店の場合でのそれぞれのモデルの価格を調べてみたいと思っています。

15万~20万の椅子(金額自体はまだ知れてるかもしれませんが、対象物が椅子ということで相対的にとてつもなく大きな金額に感じる…)ということで、ちょっと慎重になってます。

ただ、当初感じていた「こんなに高い椅子を買って本当に後悔しないか?」という疑念は晴れました。

これは買っても後悔しません。

というか、1日の半分を椅子の上で過ごすような仕事をしてるような人でアーロンチェアの購入を検討されている方は、無理をしてまで買う必要はないと思いますが、余裕を持って買えるなら早く買ってしまった方が良いと思います。

12年保証ですし。
※ガス圧のところだけ2年保証。

私は、後は購入するモデル(アーロンチェアにも大きく分けて3種類くらいあって、もっと細分化すると8種類くらいあります)と、どこの店舗で購入するかを決めるのみで、アーロンチェアを購入すること自体は決定しました。

実物が家に届きましたら、アーロンチェアの座り心地などについて、改めて細かくレビューしてみたいと思います。

\(^o^)/ ぼっけぇシェア \(^o^)/

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む